ワキ毛 濃い

女性のオス化とはこの事?ワキ毛や体毛が濃くなる原因や対処法とは

最近無駄毛・ワキ毛が濃くなったかも・・・ こういう事はありませんか?
実をいうと体毛・ワキ毛が急に濃くなる事は珍しい事ではないのです。

今は薄いから心配ないと油断していると、気付いた時には男性のような
濃くて太い毛が生えてきたという事も考えられますよ。
想像できるでしょうか?

また、体毛の変化は女性だけではなく男性にも起こります。
「そんなのは嫌!」と思う方や残念ながら既に悩んでいる方は
もっと詳しく知っておきませんか?

知っておこう!






1、体毛が濃くなる原因

女性ホルモンの減少

女性の体毛が濃くなる場合は女性ホルモンが正常に分泌されていない
と考えられます。

女性ホルモンの乱れの原因は加齢です。これは仕方ないですよね。
そして、もうひとつが生活習慣です。
以下の項目に当てはまっていませんか?要注意です。

ショック女の子

1、偏った食生活
2、睡眠不足
3、運動習慣がない
4、喫煙
5、過度なダイエット

男性ホルモンの影響

女性の身体にも男性ホルモンは存在しています。
男性ホルモンは変化しにくい性質のため、女性ホルモンが減少した事が原因で身体の中で優先される順位に変わり体毛が濃くなるという事もあります。

単純に男性ホルモンの分泌が増加して体毛が濃くなる事も。
過度な筋肉トレーニングや恋愛などが要因で増加するという説もあります。
恋は女性を美しくするはずなのですが・・・

ストレス

ストレスでイライラ

ストレスも体毛が濃くなる原因のひとつです。
ストレスをため込むと「副腎皮質」が刺激されて
男性ホルモンの分泌が増加されます。

副腎皮質は本来ストレスを暖和してくれるホルモンですが、
その刺激を受けて男性ホルモンも同時に分泌される事があるようです。

特に女性はストレスの影響で女性ホルモンが変動しやすいので
適度に発散させておくように心がけましょう。

体毛が変化する時期がある

女性には年齢を重ねる事で体毛が濃くなる時期というものが存在しています。

「思春期」
身体の成長に合わせてホルモンの分泌量が増加します。
誰でも起こる事です。大人に近づいている証拠なので心配は要りません。

「妊娠期」

妊娠期

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になります。
同時にホルモンバランスを崩しやすい時期でもあるので体毛が濃くなる事も。

お腹の赤ちゃんの事も考えて今まで以上に生活習慣には
気を付けてあげる事が大切です。

「更年期」
40代後半にさしかかると、卵巣機能が低下するため女性ホルモンが
減少します。

比べて男性ホルモンは変動が起こりにくいので結果として、
体毛が濃くなってしまうという事です。

それぞれ個人差があるので該当しない方もいます。

肌のダメージ

体毛の役割は外部の攻撃から身体を守る事です。
例えばワキ毛の処理でもよく利用されるカミソリや毛抜き
が原因になっている事もあります。

この二つの方法は肌トラブルが起きやすいのでおすすめできません。
毛抜きは特に危険です。絶対避けましょう。
使う場合は処理後のアフターケアをしっかりする事!

また、皮膚は紫外線からもダメージを受けます。
普段から紫外線対策をおろそかにしているとダメージを蓄積してしまい
体毛が濃くなるという事も。

身体の冷え

寒さから身体を守るのも体毛の大事な役割です。
冷え性の方は比較して体毛が濃いとされています。
冷えは万病の元」できるだけ解消するように心がけましょう。

食の欧米化

欧米の食事

洋食やイタリアンなどの国外メニューは和食と比べ脂質や
動物性タンパク質が多く含まれています。

過度に摂取した動物性タンパク質を体外へ排出するために、
体毛が濃くなる事もあるようです。

やはり食事は和食がおすすめです◎
特に豆腐や納豆などの大豆製品は女性ホルモンの活性化
効果的とされています。

過度な摂取は健康被害が起きる可能性があるため避けるべきですが、
量を守れば女性の強い味方になってくれますよ。

ただの勘違い

勘違い?

体毛が濃くなったと見えるだけで実質変わってないという事もあります。
女性なら当然無駄毛処理をしますよね?

カミソリで剃る事で毛先がなくなり断面が広く見えるため
濃く感じるというわけです。
人間の体毛の濃さは遺伝により決まるので個人差があります。
人それぞれ違うのでどうにもならないという事でもあるのです。


2、体毛が濃くなった場合の対処法

生活習慣の改善

上の文面のとおり生活習慣の乱れが体毛を濃くする原因です。
少しずつでもいいので簡単な事から見直してみましょう。

冷え性の改善や紫外線対策

紫外線対策

冷え性で悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?
女性は特に冷えやすいので改善・対策が必要です。

紫外線は夏場だけでなくしっかりと対策をすることが大切です。
冬場の紫外線の方が実は強いとの話もあります。

ストレスの発散

ストレス発散で運動

楽しみや趣味を見つけてみる。運動で汗をかいたりするなど
リラックスできる環境を作ってみてはいかがでしょうか?
自分なりの発散方法をお試しください。

無理して行う必要はありませんよ。
逆にストレスを増加させるのだけは避けましょう。

禁煙

タバコは女性ホルモンの分泌を低下させます。
他の病気を引き起こす事もあるので、思い切って
禁煙してみるのもひとつの手です。

どうしても無理。という方は1日の本数を減らしてみたり
週に1度は禁煙日を作ってみたりするのはいかがでしょうか? 
工夫して行いましょう。

3、ワキ毛を濃くしたくない!処理方法はどうするべき?

これ以上ワキ毛を濃くしたくない!
ではどうワキ毛を処理すればいいのでしょうか?
ワキ毛の処理方法についていくつか解説します。

カミソリ

カミソリ

カミソリでの処理は多くの方が行っている方法です。
カミソリ自体が安いし自宅でサッと済みますよね。

肌トラブルの原因になりやすい方法でもありますが、正しい手順を守り
保湿ケアをしっかりすればダメージを軽減する事ができます。
しかし、定期的に行う必要があるため心配ではありますね・・・

脱毛器

脱毛器

家庭用脱毛器を購入して自宅で処理するのもひとつの手です。
製品によって性能差があります。購入前に比較しておく事。
使う前に説明書をよく読んで、色々と熟知しておく必要があります。

エステサロン

エステサロン

実は1番おすすめのワキ毛や体毛処理の方法は
エステや脱毛クリニックで施術する事です。
敷居が高い!贅沢すぎる」と思っている方、実はそうでもありません。

ワキの脱毛は人気の部位でもあるので比較的に安価に設定されているのです。
事前にカウンセリングを受けられるので肌トラブルの心配もありません。
もちろんアフターケアも付いていますよ。

全てプロのスタッフにお任せできるので自分はお店に通うだけでOKです!
キャンペーンや割引もよく行っていますよ。

おすすめのサロンといったらやっぱり「ミュゼ」です★

脱毛ならミュゼを選びましょう!
CMやインターネット上の口コミでも有名ですよね。
もちろん知名度が高いだけではありません。
ミュゼは3年連続脱毛サロンの店舗数&売上1位を達成しているのです。

施術の安全面もご心配なく。高い技術を持ったスタッフさんが
丁寧に対応してくれます。
心配事があったら遠慮せずに事前に伝えておきましょう。

気になるお値段ですが、「両ワキの美容脱毛コース」なら
web予約で2,600円!
が、今なら「ミュゼ初めての方限定」で100円です!
見間違いではありません!しかも期間や回数は無制限で行なえます。

うれし泣き女の子

低価格過ぎて驚いてしまいますよね。
この値段なら他の部位の脱毛も受けられそうです。
お財布に優しすぎますよ。
まさに試して損なしです!
詳しくは公式サイトで確認してください。
契約で楽天スーパーポイントもたまるようです。
楽天ユーザーさんにもおすすめですね。


おススメサロン「ミュゼ」無料カウンセリングこちら


ワキ毛や体毛の処理は女性である限り必要です。
色々と方法がありますが、濃さが気になるなら思い切って
脱毛をしてみるのもいいでしょう。案外低価格でできてしまいます。

もちろん生活習慣やストレスのため過ぎには注意して
健康を心掛けてくださいね。

女性のオス化とはこの事?ワキ毛や体毛が濃くなる原因や対処法とは関連ページ

自分で脇毛処理しよう!
無駄毛の処理の中でも、脇毛の処理はできるなら、自分でやりたい!自宅でやりたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?この記事では脇毛処理の方法・詳しい内容、さらにそのメリット・デメリットをご説明しています。自宅で自分で脇毛を奇麗に処理しましょう!
ワキ毛を剃る
無駄毛の中でもワキ毛の処理は自分でしたいものですね。ワキ毛は剃って綺麗に!そう思う方も多いのでは?たしかに一番簡単に処理できるようにも思いますが…本当にワキ毛は剃っていいのでしょうか?このケア方法本当に大丈夫なの?気になる方は要check!