自分 脇毛処理

どのケアがおススメなの?自宅で自分でできる脇毛の処理方法一覧

季節に関係なく無駄毛処理が必要な女性は大変ですよね・・・
自宅で簡単に自分できる脇毛処理といったらカミソリで剃る方法ですが、

手軽なぶんカミソリ負けや炎症・色素沈着などの肌トラブルが起きやすいケアでもあるため注意が必要です。

カミソリ以外にも脇毛や無駄毛を自分で処理する方法はいくつかあるので、
この記事では脇毛処理の方法や詳しい内容・メリット・デメリットなどを簡単にご説明させていただきます。

1、カミソリ

乾いた状態の皮膚にクリームやワセリンなどを塗りその上からカミソリを当てて剃ります。入浴時に処理をする方が多いと思いますがこれは間違いです。

ポイントです!

入浴時や肌がぬれた状態では角質が柔らかくなるため
傷つきやすくなってしまいます。絶対に避けるようにしましょう。
剃り終わった後のアフターケア(保湿)も忘れずに行う事!

◆メリット
手間やコストが掛からない・旅行中や外泊先などでも行える
◆デメリット
肌トラブルが起きやすい・アフターケアが必要・定期的な処理が必要

2、電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリと比べて、肌に直接刃が触れないためダメージを軽減する事ができます。
現在発売されている電気シェーバーは防水タイプが主流となっているので、
入浴時や浴室でも使う事ができますよ。

入浴時


◆メリット
全身のお手入れができる・肌への負担が少ない
◆デメリット
アフターケアが必要・導入コストが掛かる・定期的な処理が必要

3、ワックス脱毛

主にデリケートゾーンの脱毛として行われていますが、脇や他の部位の処理にも使う事ができます。
とろみのあるワックスを患部に塗り込み一定時間置いてから、
その上に付属されているシートを張り付け剥がして毛を抜き取る方法です。
奇麗に処理するためには脇毛を5m程の長さまで伸ばしておく必要があります。
シートをはがす時も毛の流れに沿って剥がさないと肌へのダメージに繋がる場合も・・・
当然痛みもあります。脱毛というよりは除毛です。

ワックス除毛


◆メリット
余計な角質も取り除ける・回数を重ねるごとに毛が薄くなる・エステよりは安価に行える・新しい毛が生えるまでの期間が長い
◆デメリット
肌への負担が考えられる・定期的な処理が必要・痛みがある・コツが必要

4、除毛クリーム

患部にクリームを塗り込み一定時間置いておくと成分に反応した毛が
溶け落ち処理する事ができます。
クリームに含まれている成分が強力なため肌質によってはおススメできません。
事前のパッチテストは必須です。
使用後はクリームを丁寧に拭き取る事(または洗い流す)
肌への負担を考えたら定期的なケアとしては向いていません。

除毛クリーム


◆メリット
手間が掛からない・比較的に安価・新しい毛が生えるまでの期間が長い
◆デメリット
肌への負担・定期的な処理が必要・刺激臭がキツイ

5、脱毛器を使う

近年では家庭用の脱毛器もお手ごろな価格で提供されています。
エステサロンや脱毛クリニックに通わなくても手軽に脱毛が行えるため、
脇毛の処理方法としても人気です。
エステやクリニックで使われている本格的な製品と比べ、
家庭用脱毛器の出力は抑えて設定されているため肌への影響やダメージの心配も少なくなっています。
脱毛器は使っているうちに処理が楽になってくるのでおススメですよ。
注意点としては事前に説明書をよく読んで理解してから処理を行う事!

脱毛器


◆メリット
処理の回数が減る・自宅で脱毛ができる・全身のケアに使える・エステに比べ肌へのダメージが少ない
◆デメリット
導入コストが掛かる・使用上の注意が必要

脇毛処理におススメな方法は脱毛器です!!

定期的に脇や身体の無駄毛処理が必要な女性には特におススメです。
使っているうちに処理が楽になってくるところも◎
夏には憧れのノースリーブや水着が安心して着られますし、
今まで着られなかった大胆なデザインの洋服にも挑戦できます。
全身ツルツルなお肌が手に入るなら導入コストも問題ないはずです。
1台持っていれば家族で兼用もできますよ。いかがでしょうか?

どこを見るべき?脱毛器の選び方のポイントとは

いくつかのポイントをご紹介します。ぜひ購入する時の参考にしてください。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

まずは製品自体の価格です。
ここで注意するのが安ければいいという事ではないという事!
出力や品質など値段に見合った製品を選んでください。
保障が付いているとなおいいです。
消耗品や電気代調べておきましょう。
充電式の場合はバッテリーの寿命や電気代など。
カートリッジ式の場合は交換用カートリッジのお値段なども
視野に入れておきましょう。
とにかく「安物の銭失い」だけは避けるようにご注意ください。

脱毛器の重量
脱毛器は手に持って使う物なので軽い製品のほうがおススメです。
脱毛は1カ所だけではなく、他の部位も続けて行うので手が疲れにくい製品がいいですよ。
一般的にいえば、本体とハンドピースが一体化している製品は
重さがあるようです。
購入前に店頭で手に取って重さを確かめておきましょう。
最寄りの家電量販店で取り扱っていない場合は
製品情報を確認しておくといいですよ。

照射面積
製品の照射面積が広いほど脱毛できる面積が広くなります。
それだけ速く処理ができますよ。

連射機能の有・無
脱毛器に連射機能が付いている・付いていないでは
処理を終えるスピードに大きな差が出ます。
連射数が多いほどスピーディーな脱毛が可能です。
速い代わりに肌へのダメージが大きいという事はありません。
※連射機能が付いていない製品はワンショットと表示されています。

保障

おススメです!

アフターサービスや事前に相談を行える
メーカーがおススメです。
もしもの時に慌てないでいいように保障や
カスタマーサービスが利用できるか確認しておきましょう。
購入者のレビューや口コミも参考にするといいですよ。

ポイントを踏まえてみましょう!脱毛器の人気ランキング




第1位ケノン
支持率や購入台数第1位の脱毛器です。
徹底的に肌へのダメージを軽減した大人気製品!

ケノン

値段 72,800円 (割引後)
98,000円 (本来)
重量 120g
照射面積 9,25m
連射機能 ワンショットタイプ
3連射タイプ
6連射タイプ

(お好きなタイプを選べます。
肌が弱い人は6連射タイプがおススメです)
保障 1年間の製品保証
初期不良品の無料交換
フリーダイヤルで相談可能

ケノンご注文はこちら


第2位トリア
アメリカ産の脱毛器です。高い脱毛効果が期待できます。
ケノンに比べて安価ですが、肌質によっては注意が必要との事。

トリア

値段 44,800円 (割引後)
54,800円 (本来)
重量 584g
照射面積 1,0m
連射機能 自動
保障 30日間返金保証
2年間の製品保証
カスタマーサービスあり

トリアご購入こちら


ツーピーエスツーピーエス
韓国製の脱毛器です。
他メーカーの製品と比べ重量があります。
肌への負担が少ない独自のワンショットタイプを採用。

ツーピーエス

値段 49,800円 (割引後)
69,800円 (本来)
重量 1100g
照射面積 6,51m
連射機能 なし
保障 1年間の製品保証
カスタマーサービスあり

ツーピーエスご注文


 ランキング1位に注目!おススメの脱毛器はやっぱり「ケノン」 

ケノンほど充実している脱毛器はありません。
大手通販サイトの週間ランキングや家電部門総合ランキングでも第1位を獲得しています。

脱毛器ケノン脱毛器ケノン注文


脇きれい

購入者の満足度は驚きの97%!
それだけ消費者から支持されている製品なのです。
カミソリで肌を傷つけながら脇毛処理をするのは
もうお終いにしませんか?
もう一度処理方法についてよく考えてみてください!

どのケアがおススメなの?自宅で自分でできる脇毛の処理方法一覧関連ページ

ワキ毛を剃る
無駄毛の中でもワキ毛の処理は自分でしたいものですね。ワキ毛は剃って綺麗に!そう思う方も多いのでは?たしかに一番簡単に処理できるようにも思いますが…本当にワキ毛は剃っていいのでしょうか?このケア方法本当に大丈夫なの?気になる方は要check!
ワキ毛が濃い
自分は人よりワキ毛が濃いかも?!そんな悩みをお持ちの女性も少なくないのではないでしょうか?私はオス化してるの?!いえいえ!ワキ毛や体毛が濃くなるのには原因があるんです!ワキ毛が濃いことでお悩みの方。その原因と対処法をチェックしてみましょう!