ワキ脱毛前に脱毛周期のおさらい

脱毛周期を知らないと、上手く脱毛できません

いざサロンへいってワキ脱毛を始めてみたものの、実際施術を受けた箇所を目で見てみても何も変化はないもの。脱毛には時間がかかる、ということは既にご存知の方が多いでしょうか。

脱毛には数ヶ月?半年ほどかかるのが一般的だと言われています。
個人差はあるものの、脱毛が終わってむだ毛が生えて来ないようになるまでに、どうして長い時間がかかるのか簡単におさらいをしておきましょう。


サロンなどで行う脱毛というのは、毛を作る部分を直接働かなくさせることでむだ毛が生えて来ないようにするというもの。これをきちんと成功させるには毛周期というものが関係してきます。

毛はどの部分に生えているものでも、その元となる部分が作られ、抜け落ちてなくなるということを繰り返しています。
髪の毛の場合でも一日100本近くは自然と抜け落ちると言われています。肌のターンオーバーと同じ様なサイクルですが、周期は毛の方が長く、早い場合でも2?3ヶ月ほどかかり、身体のパーツによって周期は異なります。

サイクルの中で、ちょうど反応をするタイミングに施術をする必要があります。
しかし、ちょうど良い時かどうかは目で判断することはできません。

なので時間をおきながらなんども施術を繰り返していく事で、むだ毛が徐々に生えて来なくなっていってくれるんです。

ここで注意したいのが自己処理との関係。
とくに毛抜きなどを使ってしまいがちなワキ。
ワキは髪の毛の次に生え変わりの早いパーツなのですが、それは自分で毛抜きをしていないという前提があってこそです。

毛抜きで自己処理をしてしまうと、このサイクルは遅くなります。なので、もしこの先脱毛サロンへ行こうと考えている方は、今日から毛抜きとはさよならしてくださいね!

どうしても濃いから嫌だという方は逆にすぐにサロンなどで施術を受けてしまうのも手です。
黒いものがあるときは、施術も効果が得られる可能性が高いのです。


きちんと効果を出すためにも自己処理もほどほどに。

他にも黒ずみを生んでしまうなど、むだ毛処理を自分でやるとあまり良い事はありませんので、よく考えてみて下さいね。

ワキ毛処理方法を変えて、つるっとしたワキになろう!

脱毛周期のおさらい関連ページ

脱毛の個人差
脱毛は特に個人差を感じる部分が多くあるのではないでしょうか?この個人差が出るのは「脱毛」ならではのようです。様々な要因で個人差がでてくるので、事前にどのような個人差があるのかを確認しておくと、ギャップに驚くことが少なくて済むかもしれませんね。
ダウンタイムとは?
脱毛用語の「ダウンタイム」をご存じですか?脱毛以外にフェイシャルの施術などにも使われるこの言葉。「肌を休ませておく時間」「クールダウン」と同じような意味なのですが、肌の弱い方は脱毛前に知っておきたい予備知識です。大切なお肌のために知っておきましょう。